アパートなどの共同住宅における賃貸物件による収益ですが、今後厳しくなることが予想されています。人口減少により毎年20万人以上が純減となる時代に突入し、そもそも住む人自体が少なくなる時代になったからです。

現在のところ、世帯数はまだ増加しているかあるいは横ばい程度で済んでいると統計上も把握されているところですが、2020年ごろにはこの世帯数もついに減少に転ずると見られています。



しかも、一度減少に転じたら、それが増加に転ずることはまずありません。

アパートを貸している人もこれからは競争が激しくなることは疑いようがない事実です。



現に、アパートのような共同住宅であっても、地方の場合は空室が目立つ状況が続いています。
今後は、東京を始めとする大都市でも同様のことが起こりうるということです。空き物件がアパートなどの共同住宅も一戸建ても多くなるわけですから、少しでも収益を上げるまたは固定資産税程度は稼ぎたいと思えば、入居してもらえるような物件に変更していくことが求められます。

つまり、他の物件とは異なる魅力でアプローチしていくことが必須というわけです。

livedoorニュースに関連する情報や口コミを扱っているサイトです。

入居希望者への最大の魅力的な提案は賃料ですから、賃料の交渉などの余地が出てきます。

大家によっては家賃交渉はしないという強気の人もいますが、いずれは下げざるを得なくなってきます。


こうした環境の変化に対応できる大家以外は、空き室ばかりを抱えることになることでしょう。

Copyright (C) 2016 アパートなどの共同住宅の賃貸における収益の今後 All Rights Reserved.